47NEWS > 47トピックス > 憲法ルネサンス
憲法ルネサンス

過去記事

母親のおなかの中でうまく育つことができず、緊急帝王切開で生まれた赤ちゃんを診察する田村正徳さん。シュバイツァーに憧れ東大医学部に進み、「未来ある子どものために」と小児科を選んだ=8月4日、埼玉県川越市(撮影・堀誠)

【第39回】救った命に寄り添う家族の犠牲、見過ごせぬ  支える「医療的ケア児」

 埼玉県川越市にある埼玉医大総合医療センターの新生児集中治療室(NICU)。母親のおなかの中の環境に近づけるため、薄暗く保たれたフロアに保育 ... [続きを読む]

無料見学会の参加者に礼拝堂の説明をする下山茂さん。「礼拝では(両手を下から耳の横まで上げる)最初のポーズで仕事のこととか、家のこととか、全部後ろへやって、神と向き合う。イスラムは形の宗教」=8月13日、東京都渋谷区の東京ジャーミイ(撮影・萩原達也)

【第38回】「テロ宗教ではない」普遍的平等、分かち合い  日本人がイスラム広報

 東京都渋谷区の小田急線代々木上原駅から数分歩くと、ドーム形の屋根やミナレットと呼ばれる細長く、とがった塔が見えてくる。東京ジャーミイ。トル ... [続きを読む]

豊かに実った赤米の田んぼを見て回る宇根豊さん。コシヒカリ全盛の今、赤米は宇根さんのこだわりだ。田んぼは10月初めの刈り入れを待つ。赤米の収穫は11月上旬の予定だ=9月2日、福岡県糸島市(撮影・藤井保政)

【第37回】人間中心でいいのか「生き物の悲鳴聞こえる」  自然と農業、国根幹に

 水深約5センチの田んぼの中を、数え切れないほどの黒いオタマジャクシが泳ぎ回っている。「この水田に5万匹いる計算になる」。福岡県糸島市の農家 ... [続きを読む]

小郡市立図書館の書架や蔵書について説明する永利和則さん。「図書館人は自分の仕事の大切さを、もっと利用者に広く伝えなければいけない」と語る=2月14日、福岡県小郡市(撮影・後藤貞行)

【第36回】図書館の公共性守れ急速に進む「民営化」  危機訴える元館長

 「図書館の指定管理は融通が利かない。教育現場との連携も取れない。職員も居着かない。そんなことで、公共性が守れますか」  今年3月4日、東京 ... [続きを読む]

東京電力の記者会見で質問するおしどりマコさん(右)とおしどりケンさん。「舞台の帰りに衣装のまま、かつらを外しながら駆けつけたこともあった。毎日だった会見は今は週2日。記者も減った」とマコさん=7月3日、東京都千代田区(撮影・堀誠)

【第35回】自ら情報取りに行く夫婦漫才師が「兼業記者」 原発事故の報道契機

 8月22日午後、東京・上野の鈴本演芸場。おしどりマコさんのアコーディオンに合わせ、おしどりケンさんが針金で作ったトランプ米大統領や金正恩朝 ... [続きを読む]

川瀬米子さん(中央)とニガイ・レフさん(右)夫婦の札幌市の住まいを訪れた後藤悠樹さん。「花が大好き。サハリンを思い出しながら植物を育てている」と部屋の前の家庭菜園で川瀬さんは話す=6月9日(撮影・堀誠)

【第34回】サハリンを忘れない残留者と心の交流11年  青春かけたカメラマン

 7月6日、カメラマンの後藤悠樹さん(31)は、ロシアのサハリン島西海岸の港町、ホルムスクを訪ねた。  11年前に、この町で初めて出会った川 ... [続きを読む]

東京拘置所で代理面会を終えた阿部恭子さん。「外部と隔離される加害者は、差別に直面する家族のつらさが分からない。ギャップを埋めるのも私の役割」=6月12日、東京都葛飾区(撮影・堀誠)

【第33回】「人ごとではない」加害者家族も支援必要  国内初の団体設ける

 6月最後の日曜午後。仙台市中心部にある会議室に中高年の男女数人が集まった。子どもや配偶者が殺人などの罪を犯した「加害者家族」の分かちあいの ... [続きを読む]

説明会に出席した大坪篤史さん(前列中央)。患者の認定審査を担当していた当時は「純朴な高千穂の人々がこれほど怒るのだから、相当なことが起きたのだと感じた」という=6月28日、宮崎県高千穂町(撮影・堀誠)

【第32回】住民支え被害伝える土呂久鉱害、環境教育に  元記者「運命決めた」

 山あいの公民館は異様な緊張に包まれていた。6月28日、宮崎県高千穂町の土呂久地区。1970年代、ヒ素鉱害が社会問題になったが、水俣病やイタ ... [続きを読む]

第1回口頭弁論のため、原告や支援者とともに広島地裁へ入る在間秀和さん(中央)。「放射線の影響に関する真実は隠されてきたのではないか。過去の問題ではなく現在の問題として、この訴訟を位置付けたい」と語気を強める=5月9日、広島市中区(撮影・西詰真吾)

【第31回】核被害を問い続ける被爆者救済へ法廷闘争  自身も2世の弁護士

 5月9日昼すぎ、広島市中区の広島弁護士会館を出発した30人ほどの一団は雨の中、広島城の堀を挟んで向かい側にある裁判所へ、ゆっくり歩を進めた ... [続きを読む]

「マル激トーク・オン・ディマンド」の収録に臨む(左から)瀬木比呂志さん、神保哲生さん、宮台真司さん。「パブリックではなく、ヒエラルキーの中で認められたいという裁判官が多い。上にいる人はそういう人たちばかり」と瀬木さんは分析する=2月3日、東京都品川区のスタジオ(撮影・牧野俊樹)

【第30回】弁護士が裁判官に「権力の補完機構」正せ  判断も劣化、OB苦言

 ニュース専門のネット局ビデオニュース・ドットコムが毎週土曜夜に動画をアップする「マル激トーク・オン・ディマンド」。2月4日は「裁判所がおか ... [続きを読む]