47NEWS > 47トピックス > 憲法ルネサンス
憲法ルネサンス

過去記事

JICAの支援を受けたテラピア養殖場がある村で、住民に養殖の進み具合を尋ねる落合直之さん(左)。住民は「別の場所で稚魚を買って育てていたのが、今では産卵から始められるようになった」と笑顔で答えた=3月、フィリピン南部ミンダナオ島のコタバト市郊外(撮影・村山幸親、共同)

【第20回】丸腰日本、平和築く比紛争地「バンサモロ」 JICA職員が尽力

 フィリピンのミンダナオ島西部や、その南西の島は「バンサモロ」と呼ばれる。「バンサ」は地域という意味で「モロ」はイスラム教徒を指す。住民たち ... [続きを読む]

講演する小山内美智子さん。「障害がある私の存在を決して隠そうとしなかった」と亡き母の思い出も語った=札幌市中央区(撮影・武居雅紀)

【第19回】生きる楽しさ知って障害者自立生活を追求 「親の愛」時に足かせ

 白のジャケットを着て、耳には真珠のピアス。3月5日、JR札幌駅近くの講演会会場に車いすで入った小山内美智子(おさない・みちこ)さん(63) ... [続きを読む]

福島県浪江町の岡洋子さん(左)の自宅を訪れた福本英伸さん。岡さんは娘2人の成長を刻んだ柱を指さした。福本さんは「物語の一場面で使いましょう」と話した(撮影・大森裕太)

【第18回】被ばく利用させない福島の「無念」伝え続ける 原発建設、被爆者が説得

 6年前の3月、福島県浪江町の消防団員は東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ、東日本大震災の津波被災者を救助できなかった。そんな彼の ... [続きを読む]

「おからを買ったり、コッペパンやトマトをかじったりして耐えた」と、自身の若い時の困窮を語る東京経済大名誉教授の色川大吉さん=山梨県北杜市(撮影・堀誠)

【第17回】「押し付け」事実でない民権運動の血脈引き継ぐ 草の根、五日市憲法草案

 4年前の春、安倍晋三首相は、現行憲法について「進駐軍が作った」「私たち自身の手で憲法を作るという精神こそが、新しい時代を切り開く」などと発 ... [続きを読む]

ハンセン病回復者の中修一さんは、雨で屋内での開催となった原告団の花見に車で駆けつけた。ノンアルコールビールを手に他の原告や支援者らとの話が弾んだ=熊本県合志市の国立療養所「菊池恵楓園」(撮影・藤井保政)

【第16回】生きる、ありのままに隔離と差別の歴史越えて ハンセン病回復者が願う

 昨年4月、震度7を2度記録した熊本地震。熊本市北区の県営住宅に住む中修一(なか・しゅういち)さん(74)は余震が続く中、夜は近くの小学校の ... [続きを読む]

慈恵病院の赤ちゃんポスト前で開設までのいきさつなどを語る蓮田太二さん。敗血症のため片脚を切断し、車いすで生活している。医師の仕事はほとんどしていない。「車いすになって、いろんな人に助けられていることを実感できた」と言う。父は三島由紀夫と親交が深かった国文学者の蓮田善明=熊本市西区(撮影・後藤貞行)

【第15回】幼い命救うこと優先首相批判も「傍観できぬ」 赤ちゃんポスト開設10年

 病院の電気設備などに支障はなく、お産や治療は続けられる。親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れる、国内唯一の施設「こうのとりのゆりかご」 ... [続きを読む]

仕事場で漫画を描く赤松健さん。プロになって20年以上たつが、赤松さんは「漫画を描き始めたのが遅かったので、絵が下手なんです」と話す=東京都港区(撮影・藤井保政)

【第14回】表現規制、見過ごせぬ「裾野広ければ頂き高く」 漫画家が与党ロビー活動

 東京スカイツリー直下の東京ソラマチで3月、赤松健さん(48)が初めて原画展を開いた。「ラブひな」「魔法先生ネギま!(通称ネギま)」など、美 ... [続きを読む]

休日・夜間専門の「いおうじ応急クリニック」で女の子を診察する良雪雅医師=三重県松阪市(撮影・藤井保政)

【第13回】救急医療守りたい休日夜間専門医院を開設 「コンビニ受診」減らす

 少し冷え込んだ土曜日の夜。三重県松阪市にある休日・夜間専門の医院「いおうじ応急クリニック」に、マイカーで駆け付けた会社員の男性(42)が、 ... [続きを読む]

「御舟宿いろは」で接客する松居秀子さん。空き家を再生した旅館には、絶え間なくランチ客が訪れていた=広島県福山市(撮影・荒木甫浩)

【第12回】景観守るだけじゃない「ポニョ」の古里、鞆の浦 空き家再生続ける元原告

 瀬戸内の穏やかな海がキラキラと光る。港の先端には石造りの灯台「常夜灯」がそびえ、係留された船がギシギシと音を立てている。広島県福山市鞆町( ... [続きを読む]

金聖雄さん(左から2人目)が「石川一雄さん(右端)は今も再審請求中」と言うと、桜井昌司さん(右から3人目)は「検察がすべての証拠を開示すれば、あっさり無罪になる」、菅家利和さん(右から2人目)も「自分より先に無罪になるべきだった」と語った=埼玉県狭山市の狭山再審闘争勝利現地事務所(撮影・藤井保政)

【第11回】伝える、冤罪の理不尽穏やかな日常撮った映画で 袴田さんに続き「獄友」

 無期懲役の受刑者として千葉刑務所(千葉市)に入れられていた3人が2月1日、ドキュメンタリー映画「獄友(ごくとも)」の撮影で顔を合わせた。監 ... [続きを読む]