47NEWS >  47トピックス > 2016年 大学入試センター試験特集 > 国立26大学が人文社会科学系の組織見直し

2016年大学入試・センター試験特集

受験ニュース

国立26大学が人文社会科学系の組織見直し

 国立大学法人評価委員会は3月23日、文部科学省内で総会を開き、国立大86校が同省に提出した2016年度から6年間の教育・研究や運営の指針となる第3期中期計画を了承した。26校が人文社会科学系の組織見直しを盛り込み、地域の活性化を目指す人材育成や文理融合の学部設置を掲げる大学が目立った。

 計画は文科相が月内に認可。計画の達成状況などを評価委が評価し、各校への運営費交付金の配分にも反映される。

 計画や各大学によると、福井大は教育地域科学部を教育学部に改組するとともに、地域創生に資する人材を育てる国際地域学部を創設する。神戸大は国際文化学部と発達科学部を再編統合し、17年4月に国際人間科学部(仮称)を開設するとした。

<参考>
 人文社会科学系組織見直しを計画する国立大がある26都府県庁所在地は、山形、福島、水戸、宇都宮、前橋、千葉、横浜、新潟、富山、福井、津、大津、神戸、和歌山、鳥取、松江、岡山、山口、徳島、松山、福岡、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇

2016/03/23 17:45【47NEWS】