47NEWS >  47トピックス > デジタルEYE

デジタルEYE

【特集】LCC風雲児、再出発の秘策は(下) エアアジアCEO

明るい人柄で、笑みと冗談を交えながら冗舌に話すエアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)。だが、傘下のインドネシア・エアアジア8501便が2014年12月にインドネシア・カリマンタン島…【続きを読む】


【特集】LCC風雲児、再出発の秘策は(中) エアアジアCEO

旧エアアジア・ジャパンに共同出資したものの、経営路線の対立などから合弁解消に追い込まれたANAホールディングスとは「『水と油』だった」と振り返るエアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO…【続きを読む】


【特集】LCC風雲児、再出発の秘策は(上) エアアジアCEO

破綻したマレーシアの航空会社を1リンギット(約30円)で買い取り、世界の代表的な格安航空会社(LCC)に成長させた“風雲児”、エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)が世界旅行ツーリ…【続きを読む】


【リポート】辺野古から 周辺の「区」、移設に温度差

沖縄県名護市では、字(あざ)に「区」を付けて呼ばれる住民自治組織のまとまりが強い。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先周辺には辺野古区などがあるが、移設に対し温度差が生じている。政府が始めた直接補助金…【続きを読む】


【リポート】世界の街から 身をもって知る庶民の現実、上海

中国上海の自宅で就寝中、腹部に不快感を覚え嘔吐を繰り返し、未明に近くの総合病院の救急部門に駆け込んだ。中国の病院は医療ミスで恨みを持った患者が医者に暴力を振るう事件が頻発するなど良いイメージはないが、…【続きを読む】


【世界から】米国の銃規制どうなる? トランプ政権で緩和の兆し

北朝鮮と米国のにらみ合いが続く中、相変わらずのこわもてぶりを発揮するトランプ大統領だが、国際社会の緊張に紛れて、あまり注目されなかったニュースがある。4月28日、トランプ氏はジョージア州アトランタで開…【続きを読む】


【特集】折り紙に間違いはなし 伝承も変化も華やかに

今や英語の辞書にも載っている「ORIGAMI」。華やかな折り紙が日本土産として外国人観光客に人気の一方、格安ショップでも多様な折り紙が売られ、老舗メーカーが破産する寂しいニュースもあった。ふと気になっ…【続きを読む】


【Q&A】無線LAN「ただ乗り」無罪 地裁判決が確定

他人の無線LANのパスワードを解読して「ただ乗り」する行為を無罪とする東京地裁の判決が確定することになりました。専門家は、現行の法律では罪には問えず、取り締まるためには新しい法律が必要だと話しています…【続きを読む】


【リポート】世界の街から ペルー公邸事件20年消えぬ痛み

ペルーの日本大使公邸を左翼ゲリラが襲撃し、刑務所の仲間の釈放を求めて約4カ月間にわたり日本人ら多数を人質に立てこもった事件の解決から20年がたった。1997年4月22日、軍特殊部隊が突入し人質71人を…【続きを読む】


【リポート】辺野古から 沖縄復帰45年、抵抗と容認の歴史

沖縄県は5月15日、1972年の本土復帰から45年を迎えた。復帰前、米軍統治下で自治権などの基本的人権を大きく制限された住民は、粘り強く抵抗し権利を勝ち取っていった。一方、米軍普天間飛行場(宜野湾市)…【続きを読む】


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11