47NEWS >  47トピックス > デジタルEYE

デジタルEYE

【特集】“反トランプ流”の寛容都市オタワ(1) 多様性を尊重

イスラム圏からの入国制限など排他的な政策を矢継ぎ早に打ち出してきた米国のドナルド・トランプ大統領と対照的なのが、憲法に定めた多文化主義にのっとって多様性を重んじ、難民の受け入れにも前向きなカナダのジャ…【続きを読む】


【特集】“反トランプ流”の寛容都市オタワ(2) 対米外交の舞台

▽カナダ外交の真骨頂「軍事行動が国連安全保障理事会の新たな決議なしで実施されるのならば、カナダは(イラク戦争に)参戦しない」。2003年3月17日、カナダのジャン・クレティエン首相(当時)が連邦議会下…【続きを読む】


【特集】“反トランプ流”の寛容都市オタワ(3) 一線を画す判断

私が向かったカナダ最大の航空関連博物館「カナダ航空・宇宙博物館」は、オタワ中心部と結ぶ直行路線バスがわずか1日1往復しかない。仕方なく2本の路線バスを乗り継ぎ、遊歩道を約20分進むとようやくたどり着い…【続きを読む】


【辺野古から】米軍基地を引き取ろう 5都府県で団体、実現に壁

「普天間移設は辺野古ではなく、大阪に!」。こう書かれたのぼりを背に大阪府高槻市の福祉施設職員松本亜季(まつもと・あき)さん(34)は大阪市の街頭でビラを配る。沖縄に集中する米軍基地を引き取ろうと訴える…【続きを読む】


【世界の街から】親日国の戦争の影 シンガポールが受けた傷の深さ

シンガポールは親日国だ。有名ラーメン店の系列店や和食レストランには行列ができ、旅行先として日本は人気。私が日本人と知ると「今度、旅行で行くよ」と笑顔で話してくれる人も多い。一方で、戦争が残した暗い影に…【続きを読む】


【世界から】夏の保育施設としても活躍 米国の「サマーキャンプ」

米国の夏休みに欠かすことができないものの一つに「サマーキャンプ」がある。子どもたちの学びの場であると同時に長期休暇中の保育先としても浸透しておりさまざまな団体が、組織の特色を生かしたプログラムを提供し…【続きを読む】


【記者日記】パンダは上野だけじゃない 和歌山では過去15頭誕生

東京・上野動物園で6月12日、メスのジャイアントパンダ・シンシンが赤ちゃんを出産した。上野動物園でのパンダ誕生は、2012年以来5年ぶり。名前の公募には2週間で32万件を超える応募が寄せられるなど、久…【続きを読む】


【特集】ザ・タイガースのピー、日中台で活動 教師からドラマーに

1960年代後半にグループサウンズの頂点に立ったザ・タイガースの元メンバーで、「ピー」の愛称で人気を博したドラマーの瞳みのるさん(70)は人生の第3ステージとして日本、中国、台湾をまたぐ音楽活動を展開…【続きを読む】


【辺野古から】「不屈」脈々と 米軍抵抗の政治家、根強い人気

米国統治下の沖縄に、米軍に抵抗し、決して弾圧に屈しなかった政治家がいた。瀬長亀次郎(せなが・かめじろう)氏。「不屈」の精神は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する運動に脈々と引き継…【続きを読む】


【世界の街から】曲がり角のミャンマー ロヒンギャとの大きな溝

スカーフで髪を隠した女性が、家の中からこちらをうかがっている。イスラム教徒特有の帽子をかぶった男性たちは広場に集まり、じっと見つめてきた。中東かと錯覚しそうになるが、ここはミャンマー西部ラカイン州のイ…【続きを読む】


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11