47NEWS >  47トピックス > デジタルEYE

デジタルEYE

【リポート】辺野古から 沖縄県、地方の応援期待しパンフ

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を進める国と対立する沖縄県は、地方からの応援に期待している。沖縄の米軍基地問題を易しく解説するパンフレットを作成し、全ての都道府県と市町村に配布した…【続きを読む】


【リポート】世界の街から 英ビートルズの遺産、課題は継承

1962年のレコードデビューから解散までたった約7年半で世界的な人気を博し、今も愛される伝説のバンド、ビートルズ。ゆかりのある英中部リバプールには、歌に登場する場所やメンバーが暮らした家を巡る「聖地巡…【続きを読む】


【世界から】「呼ばれたい名前」が自分の名前 豪州の夫婦別姓事情

法制審議会が1996年に「選択的夫婦別姓制度」の導入を提言してから既に20年以上―日本がすったもんだしている間に、夫婦別姓は世界的に見れば珍しくもなんともないものになった。ここオーストラリアでも、結婚…【続きを読む】


【Q&A】「銃剣道」指導要領に登場 戦技からスポーツへ

文部科学省は、2021年度から中学で実施される学習指導要領の保健体育に、武道の種目の一例として「銃剣道」を明記しました。旧日本軍の訓練に使われたとされ、明記に対しては軍国主義の復活だ―などの反発の声も…【続きを読む】


【特集】「移住」で青い鳥は見つかるか 行政は地方活性化狙う

「移住」という生き方が注目を集めている。「あくせくとした都会を離れ新たな仕事や人生にチャレンジ」。「退職後は田舎でのんびり」。地方を目指す動機はさまざま。一方、人口減少や高齢化で「消滅」の可能性すら指…【続きを読む】


【世界から】音楽祭に沸くザルツブルク 帝王カラヤンの故郷

オーストリアの「ザルツブルク」と聞くとまず何を思い浮かべるだろうか。「モーツァルトクーゲル」という、モーツァルトの肖像画付き銀紙に包まれた丸いチョコレートが真贋入り交じって出回っているので、やはりモー…【続きを読む】


【リポート】辺野古から 自民沖縄、選挙にらみ「容認」前面

自民党沖縄県連は今年から米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認する方針を前面に打ち出す。「辺野古を含むあらゆる可能性を追求」とした曖昧戦略からの変更。昨年12月の最高裁判決を背景に、来年…【続きを読む】


【リポート】世界の街から インドネシア、津波の教訓どこへ

インドネシアは日本と同じ地震多発国。2004年のスマトラ沖地震では津波による甚大な被害も経験した。現在の津波対策を取材しようと、政府高官にインタビューしたところ、その返答に仰天してしまった。「インドネ…【続きを読む】


【世界から】独シニア、第二の人生は大学で 余暇活用に変化の兆し

日本に次いで少子高齢化の進むドイツ。定年後は、趣味や旅行に好きなだけ時間を費やして余暇を満喫しようと思い描くシニア世代も多い。そんな中、最近ドイツでは、自己を研磨したいと大学に通う高齢者が増えている。…【続きを読む】


【リポート】記者日記 「トランプノミクス」に試練(上)

「ドナルド・トランプ氏を大統領に!ドナルド・トランプ氏を大統領に!」。米国大統領選挙まで半年余りを残していたニューヨーク支局駐在中の昨年4月、出張先の南部フロリダ州の大都市マイアミで乗り込んだ新交通シ…【続きを読む】


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11