47NEWS >  47トピックス > デジタルEYE

デジタルEYE

【特集】急成長の加熱式たばこ(上) 日本、世界最大の市場に

アイコス、グロー、プルーム・テック。米フィリップモリス、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、日本たばこ産業(JT)がそれぞれ販売する加熱式たばこの製品名だ。紙巻きに比べ煙が出ずにおいも少な…【続きを読む】


【辺野古から】新護岸造成に着手 工事加速、違法車両の疑いも

ダンプカーが運び込んだ大量の砕石が、青く輝く海に次々と沈められた。沖縄県名護市辺野古での米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設工事で政府は11月6日、新たに2カ所で護岸造成に着手した。来年夏の土砂投入に向け…【続きを読む】


【世界の街から】観光と偽物 ミャンマー・インレー湖のかご漁

観光客が多くなると、地元の人の生活が変わってしまう―。よく耳にする話ではあるが、ミャンマー有数の観光地、北東部シャン州のインレー湖で、実際に生活を変えたという漁師に話を聞いたときには、やはり複雑な気持…【続きを読む】


【世界から】分裂を埋められない米国 南軍由来の学校名を巡り議論

創立以来の学校名を変えろと言われても…。米国南部で、南北戦争時代の南部連合軍指導者の名を冠した学校名をめぐり、生徒や教師、親たちの間でさまざまな議論が起きている。今年8月にはバージニア州シャーロッツビ…【続きを読む】


【辺野古から】日本人従業員の苦悩 「移設反対、でも食うため…」

沖縄県名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブで働く日本人従業員はフェンス越しに、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設への抗議活動を目にする。米軍基地内から見る反対派の姿に心が揺れる。「移設には反…【続きを読む】


【世界の街から】キルギスの電子投票 集計に不正の余地は?

中央アジア・キルギスに大統領選の取材に行って電子投票が導入されているのに驚いた。日本政府も技術協力しているという。旧ソ連の中央アジア5カ国の中でも民主化が進んでいるキルギスの先進的な試みが面白く、関係…【続きを読む】


【特集】「電車でGO!」17年ぶり新ゲーム機 開発者が明かした狙い

かつて一世を風靡したタイトーの電車運転の疑似体験ゲーム「電車でGO!」の20周年を記念し、アミューズメント施設向けの新型機が11月7日に稼働を始めた。シリーズの本格的なゲーム機の誕生は実に約17年ぶり…【続きを読む】


【世界から】大学離れするNZの学生 背景に様変わりする就職事情

新学年が2月から始まるニュージーランド。この時期、日本でいえば高校最後の学年にあたる13年生の進路がほぼ確定する。友人の子どもがどんな進路を選んだか、興味津々で尋ねてびっくりした。てっきり大学に行くと…【続きを読む】


【特集】「歴史問題は川のような存在」 南京大虐殺記念館長に聞く

中国の人々は会話に故事成語や例えを用いることが多いという。直接表現を避け、かつ余韻を持たせる形で相手に自分の思いを伝達する手法は、ダイアローグ(対話)のために有効かもしれない。特に意見が対立していたり…【続きを読む】


【特集】がん患者になって気付いたこと 取材記者の治療体験記

2015年の初めに職場の健康診断をきっかけに、血液の難病ALアミロイドーシスと多発性骨髄腫を発症していることが分かった。どちらも患者数は10万~100万人に数人程度の希少疾患で、現在の医療では完治は期…【続きを読む】


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11