47NEWS >  47トピックス

47トピックス

旬のテーマをコラムと社説で斬るコーナー

【岩手日報 コラム】すもももももももものうち

【岩手日報】<風土計> ■スモモの花言葉は「誠実」だが  すもももももももものうち。おなじみの早口言葉。安倍晋三首相も、かまずにさっさと読み終えるつもりだっただろう。でも、最初の李(すもも)で引っかかる。李下(りか)に冠を正したのでは、と追及された ▼あの「森友学園」問題。国会の証人喚問で証言の怪しさを描き出して幕引き、というのが政権が描くシナリオだったはずだ。ところが、首相夫人の寄付や、「夫人付き」の政府職員の文書を持ち出されて守勢に立たされた ▼もちろん、首相は全面否定しているが、世間はなかなかそうは見てくれない。共同通信の世論調査では、国有地払い下げへの関与を夫人も含めて否定する首相の説… [記事全文]

デジタルEYE
注目
社会
政治
経済
国際
文化芸術
科学環境
医療健康
暮らし話題
スポーツ
おくやみ
日めくり
 モスクワなどロシアの主要都市で26日、前大統領のメドベージェフ首相に対する汚職疑惑の告発をきっかけに大規模な反政府デモが行われたが、ロシアではなお、その余波が収まらない。特にネットメディアを賑わせているのが、告発の対象となったメドベージェフ氏の今後だ。80%以上の高い支持率を維持するプーチン大統領の来年3月の大統領選勝利は揺るがないものの、当選後にはメドベージェフ氏を首相に指名しないのではないかとの臆測が早くも出始めている。  29日現在、ロシア国営テレビなどクレムリンの統制下にある主要放送局は、英語圏などの対外向け宣伝放送局とされる「ロシア・トゥデイ」を除き、汚職告発やデモについて一言も… [記事全文]
本日の注目地方紙コラム  リアルタイムで注目のコラムをピックアップ

▼▽作家梶井基次郎は短編小説「桜の樹の下には」の中で桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!と書いた。「これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか」▼▽桜の話ではない、一瞬ドキっとさせられるその表現だ。文中に爆弾が登場する代表作「檸檬(れもん)」にも通じる。果物屋で買ったレモンを書店で積み重ねた本の上に置いて立ち去り、それが爆弾であることを夢想する。青春期の鬱屈(うっくつ)した心情を描いた1925(大正14)年の作だ。▼▽写真家浅井慎平さんがテレビでこの檸檬と、テロ等準備罪を含む組織犯罪処罰法改正案、いわゆる共謀罪に触れてい …[記事全文]

本日の地方紙社説  リアルタイムで注目の社説をピックアップ

日本周辺の情勢が厳しさを増しているのは確かだが、戦後日本が歩んできた「平和国家」の看板を下ろすわけにはいかない。「不戦のタガ」が緩んでないか。憲法学者ら多くの専門家が違憲と指摘したにもかかわらず、安倍晋三首相率いる政権が成立を強行した安全保障関連法の施行からきのう二十九日で一年がたった。集団的自衛権の行使を容認する安保法は憲法九条に違反するとした訴訟が全国各地で提起されてはいるが、国会では、学校法人「森友学園」への格安での国有地売却問題や、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案の議論に多くの時間が割かれている。他国軍と深まる連携安保法の議論が脇に追いやられている間に、政権側は安保法に基づい …[記事全文]