47NEWS >  47トピックス

47トピックス

旬のテーマをコラムと社説で斬るコーナー

【オスプレイ訓練】参加強行は言語道断だ

【北海道新聞】<社説> ■安全性に疑問を持つ住民の神経を逆なでするようなやり方は、反発しか生むまい  米海兵隊の新型輸送機オスプレイがきのう、道内で行われている日米共同訓練に初めて参加し、北海道の上空を飛行した。  同型機がオーストラリア東部沖で墜落事故を起こしてから、2週間ほどしかたっていない。  米側はその後、安全を確認し飛行を継続するとの声明を発表し、日本政府も追認した。  しかし、安全性を裏付ける具体的な根拠や詳しい事故原因は明らかになっておらず、事故の懸念は依然消えていない。  それなのになぜ訓練参加を強行したのか。  道民の不安を無視しており、言語道断だ。今からでもオスプレイの飛行… [記事全文]

デジタルEYE
注目
社会
政治
経済
国際
文化芸術
科学環境
医療健康
暮らし話題
スポーツ
おくやみ
日めくり
 スペイン第2の都市バルセロナで17日、悲惨なテロが起きた。同市屈指の繁華街で土産物屋やレストラン、劇場などが建ち並び、夜遅くまで観光客らでごった返す並木道ランブラス通りをワゴン車が時速80キロの猛スピードで約500メートル疾走、歩行者らを次々となぎ倒し、少なくとも13人が死亡、約100人が負傷した。過激派組織「イスラム国(IS)」が「ISの戦士が攻撃を実行した」と犯行声明を出した。  車が「凶器」として使われたテロはこれが初めてではない。トラックが群衆に突っ込み86人が死亡した昨年7月のフランス南部ニース、男がトラックで突入し12人が死亡した同12月のベルリン、8人が死亡した今年6月のロン… [記事全文]
本日の注目地方紙コラム  リアルタイムで注目のコラムをピックアップ

▼▽8月19日は語呂合わせで「俳句の日」だ。明治の俳人正岡子規の地元四国の松山市では、全国の高校生がその技量を競う「俳句甲子園」なる大会も開かれる。県内からは山形南高が出場する。甲子園にもさまざまある。▼▽子規は居宅を獺祭(だっさい)書屋と号した。獺はカワウソのことで、獺祭は捕った魚をすぐには食べずに岸辺に並べるその習性を、祭壇に供物を捧(ささ)げる姿に見立てたものだ。子規も書物を部屋に並べた中によく居たという。カワウソでは「獺(かわうそ)の祭見て来(こ)よ瀬田の奥」の芭蕉の句もある。▼▽高知県で目撃されて以来、実に38年ぶりに長崎県・対馬でカワウソの姿が撮影された。絶滅とみられたニホンカワウ …[記事全文]

本日の地方紙社説  リアルタイムで注目の社説をピックアップ

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、日本の植民地支配下で労働に従事した元徴用工への補償問題について、従軍慰安婦とともに解決が必要な「歴史問題」と指摘、日本の指導者に「勇気ある姿勢」を求めた。過去の韓国政府の見解を覆し、日韓両国間の新たな火種となりかねない発言だ。両国関係の悪化を懸念する。徴用工の数は約15万人とされる。慰安婦よりはるかに多い。韓国の歴代政権は徴用工問題について、1965年の日韓請求権協定で解決済みとしてきた。協定に従い、日本は韓国に3億㌦を支払い「強制動員の被害補償問題を解決する資金」となった。盧武鉉(ノムヒョン)政権時代の2005年に協定の効力を検証した際にも、その見解を踏 …[記事全文]